インプラント│川口にある歯周病・インプラントの歯医者 吉野歯科医院

京浜東北線「川口駅」
東口より 徒歩3

お電話でのご予約・お問い合わせ

048-252-3390

予約

インプラントImplant

  1. 川口の歯医者 吉野歯科医院 ホーム
  2. 診療案内

  3. インプラント

インプラントとは

IMPLANT

インプラントによる治療について

インプラントによる治療について

歯が喪失した部分にチタン製の歯根を埋め込み、人工歯の支えとするのが、インプラント(人工歯根)による治療です。人工歯がしっかり固定されるので、入れ歯のように外れたり、痛くて噛めなかったりということがありません。また、ブリッジのように、取り付ける際に両隣の健康な歯を削る必要もありません。

安全な治療を目指します

安全な治療を目指します

当院はインプラント治療に特化した歯周組織の専門医(歯周病学会 指導医)が診断・治療にあたります。
またスタッフ全員がルーペを装着して、精確性の高い視野で診療を行なうほか、外科処置に際してはマイクロスコープ(医療用顕微鏡)を使用。肉眼では確認できないほどの微細な部分まではっきり映し出して、より正確な手術を行ないます。
さらに治療後には、患者さまごとに作成するメンテナンスプログラムで、生涯にわたって長く快適に使えるようインプラントライフをサポートします。
治療を検討している方は、ぜひご相談ください。

歯が抜けたままにしておくことのデメリット

歯が抜けたまま放置しておくと、見た目が悪いままになるだけでなく、噛み合わせにも悪影響が及びます。

  • 見た目が美しくなくなる

    歯肉の位置が下がってしまうため、見た目にも美しくなくなってしまいます。また、顔の輪郭が変わってきてしまい、口元にしわが寄って老けて見える場合があります。

  • 噛み合わせが悪くなる

    抜けた歯と噛み合っていた歯にまで影響が及び、歯が動いてしまいます。また、抜けた歯の両隣の歯も傾くので、不正咬合の原因となります。

  • 生活面での影響

    噛み合わせが悪くなることにも関連しますが、しっかり噛めないことで胃腸に負担がかかり、消化不良にもつながります。また、うまく発音ができなくなったり、噛めなくなったりすることで脳への刺激が減少するという影響も考えられます。

他の治療方法との比較

COMPARISON

※表は横に移動して閲覧できます。

治療方法とイメージ 噛む力 違和感の
少なさ
仕上がりの
美しさ
保険適応が
ある
特徴
インプラント インプラント

人工の歯根を骨に埋め込み、その上に人工歯を被せる

簡単な手術が必要。顎の骨で固定するので、自分の歯と同じように食べられる。周囲の歯にも負担をかけない
ブリッジ ブリッジ

患部の両隣の歯を削って人工の歯冠を橋渡しする


(材料などに応じて)
固定式のため装着時の違和感が少ないが、周囲の歯に負担がかかる
入れ歯 入れ歯

患部の周りの歯に金属の留め金を取り付けて固定。取り外しが可能


(材料などに応じて)
歯を削らなくてよいが、食べカスが残りやすいので虫歯や口臭の原因になる。また、周囲の歯に負担がかかる
総入れ歯 総入れ歯

取り外し可能な人工歯を顎の上に固定する


(材料などに応じて)
脱着が簡単だが、ぐらついたりずれたりしやすい。食べ物が入れ歯と歯肉の間に挟まって痛むことがある